オーストラリア旅行の必需品…

オーストラリアでは、紫外線の有害性が広く認知されています。学校などの公共機関などでは、できるだけ紫外線に当たらない方策を講じています。そのオーストラリアで考え出されたUVカット用のパーカーです。真夏のオーストラリアへ旅行する際の必需品です。



日焼け止め通販
サンカットパーカー

¥7,300(税込)

夏のサンカットパーカー(UVカットのパーカー)です。もちろんUPF50+(最高値)の紫外線カット指数です。
通気性が大変良く、なめらかな肌触りは、蒸し暑い夏でも快適です。
⇒詳細  ⇒購入する


posted by ナイオン | 日焼け止め


スノボやスキーの日焼け止めクリーム日よけ色白美人


スノボやスキーの日焼け止めクリーム日よけ色白美人

¥3,150(税込)
雪山で思い切り楽しみたいスノボにスキー!でも紫外線は心配!!【日よけ色白美人】は水に塗れても安心のウォータープルーフタイプ。冬のスポーツの日焼け止め効果が長く続きます。アウトドアレジャーに、冬にはスキーやスノー−ボードなど、1年を通じて強い紫外線の下でも肌を守り、快適に使用できる日焼け止めクリームです。 しかも白く残らず、さらっとした使い心地です。
⇒詳細  ⇒購入サイトへ
posted by ナイオン | 日焼け止め クリーム


UVプロテクトコンシーラープラスC

UVプロテクトコンシーラープラスC【セラ コスメティックス】日焼け止め コンシーラー

お肌を紫外線から守るスティックタイプの低刺激性UVプロテクトコンシーラーです。気になるシミ、そばかす等をカバーし、ファンデーションを美しく仕上げます。紫外線吸収剤を一切使用していませんが、SPF50の遮光(UVカット)効果が得られます。無香料、ノンアルコール
>>詳細はこちら

UVプロテクトコンシーラープラスC


さらさら べたつかない日焼け止め

【MK-1 オールミスト】

MK-1 オールミスト(B)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】日焼け止め 日焼け止めローション

シュッとするだけでUVカット&消臭もできちゃう!

¥3,129(税込)

肌内の汗をしっかり吸着し、肌を衛生に保ち、紫外線をガード。さらに「安定型ビタミンC」「ヒアルロン酸」など、お肌に優しい6つの成分を配合。
⇒商品を見る   ⇒商品を購入する
posted by ナイオン | 日焼け止め ウォーター


日焼けと子供

育児ママやパパならよくご存知の「母子健康手帳」。実は、1998年に、その手帳から「日光浴」の必要性に関する記述が消えたのをご存知でしょうか。

以前は、赤ちゃんの健康のために日光浴が必要であると考えられていました。しかし、オゾン層の減少など環境の変化から、紫外線の問題のほうが深刻であるため、直射日光に当てるのではなく、外気浴のみで十分であるという考え方に変わってきているそうです。

紫外線による障害は年齢を重ねるとともに現れるそうです。したがって、紫外線対策はできるだけ幼いうちから始めておいたほうがいいといわれています。特に子供のほうが紫外線に対する感受性が強いため、大人より積極的に日焼け止めを行ったほうがよいそうです。

日本人よりも皮膚がんの発生率が高いオーストラリアやアメリカでは、積極的に日焼け止めをしようという意識が国民に広まっています。

多くのオーストラリアの学校では、後頭部のつばが長く伸びた帽子を使うように指導。子供に外に出るときには日焼け止めを塗らせるように教育しています。また、「ノーハット・ノープレイ(No Hat No Play)」を徹底し、帽子をかぶっていない子供が校庭で遊ぶことを禁じている所も多いとか。

子供たちのためにも、小さいころからの紫外線対策・日焼け止めにケアしたいものです。

そして、特に気をつけることとしては…

*午前10時から午後2時までの太陽光線の強い時間帯を避ける。

*日焼け止めやUVカットをしっかりとからだに塗る。

*2時間ごとに日焼け止めを塗りなおす。水や汗などで日焼け止めが落ちてしまったら、そのつど日焼け止めを塗りなおす。

*日光浴の時間は一日当たりトータルで3時間を超えない。

*日焼け直後は肌が乾燥した状態なので、化粧水や乳液などで保湿を行う。

*赤みを感じる時は冷やしタオルなどでほてりを抑え、消炎ローション(カーマインローションなど)を塗る。




サンプロテクトCE より安全により安心できる成分で、子供のお肌をガード!子供にも安心の日焼け止めです。
⇒商品の詳細を見る


エポカルUVプロテクト 日焼け止めと蚊をよせつけにくくする塗りやすいスティックタイプ。ダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
⇒商品の詳細を見る
posted by ナイオン | 日焼け止め 子供用


赤ちゃんの日焼けと日焼け止め

日焼け止め プチ育児情報

子供の皮膚は強い日焼けの後でも小麦色になるだけで、18歳頃まではシミ、シワなどはみられません。

しかし、日焼けで皮膚が赤くなる時には、細胞レベルでは遺伝子に多数の傷が生じ、二四時間経ってもある種の傷は五○%以上が修復されないで残っているそうです。

しかも、子供の頃は細胞分裂が老人よりも盛んなため、DNA複製中に変異を生じる可能性は老人よりも高いと考えられるとか。

また、太陽紫外線を浴びると約一週間は免疫能が低下するそうです。したがって、保育園や幼稚園の炎天下のプール遊びは、皮膚の光老化(*)を早める大きな誘因であるだけではなく、感染症にかかりやすくするといえます。

特に6−9月は、太陽の紫外線が大量に降り注ぐので、子供のよりよい健康維持のためには、屋根のあるプールでの水泳教室が望ましいといえます。でなければ、プール遊びをする時にはTシャツを着用するか、あるいはサンスクリーン剤を塗ることが必要で、プールサイドでは当然のこととしてパラソルの下で、肩からタオルなどを掛けて直射日光を避けることが大切です。

夏休みともなると子供たちは、家族や友だちと海やプールあるいは山へ出かけ、太陽光をいっぱいに浴びる機会が多いのですが、小さいときからの紫外線対策は重要です。

子供の皮膚の健康を守るためには、まずは乳幼児を育てる親が日焼けの害を知ることが大切だそうです。

ところで、オーストラリアではすでに幼児を対象に、教育の場で

スリップ(slip)、スロップ(slop)、スラップ(slap)

と、覚えやすい標語で長袖の着用、サンスクリーン剤の外用と帽子の着用を呼びかけています。

子供の頃からの紫外線対策が必要ですが、今でもサンスクリーン剤は、いわゆる美容のための化粧品との考え方が一般的です。 この既成概念を捨て、サンスクリーン剤は生活必需品であるとの認識が必要でしょう。

成人病は成人になって現れますが、その背景には子供の頃からの生活習慣が大きな要因であると考えられています。そして、皮膚癌やシミ、シワなど、皮膚の光老化も子供の頃からの習慣病であるといえるかもしれません。

(*1)光老化=紫外線を浴びたダメージによる老化。加齢による老化は「自然老化」といいます。
(*2)長そでのシャツを着よう!(slip on a long sleeved shirt)、日焼け止めを塗ろう!(slop on some sunblock)、帽子をかぶろう!(slap on a hat that will shade your neck) 最近ではサングラスも重要視されてスローガンに“ラップ(wrap)”が追加され、『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(slip slop slap+wrap)』になりつつあります。


日焼け止め 子供用

食用成分をベースにした、子供にも安心な日焼け止め UVカット プロテクト
有害な紫外線から、子供達を守ります。(顔・からだ用 SPF25 PA++)蚊をよせつけないダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
>>UVカット プロテクトの詳細はこちら

UVカット プロテクト


【サンプロテクトCE】【快適生活】

より安全により安心できる成分で、子供のお肌をガード!子供にも安心の日焼け止めです。
>>サンプロテクトCEの詳細はこちら

サンプロテクトCE


【エポカルUVプロテクト】【快適生活】日焼け止め 子供用

日焼け止めと蚊をよせつけにくくする塗りやすいスティックタイプ。ダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
>>エポカルUVプロテクトの詳細はこちら

エポカルUVプロテクト


日焼け止め 赤ちゃん・ベビー用日焼け止め
UVベビーリキッド WPタイプ SPF37
販売価格:699円(税込)メーカー希望小売価格:840円(税込)

微粒子パウダーが紫外線を反射・散乱して、赤ちゃんのお肌を守ります。(SPF37・PA++)お肌の刺激の原因となる化学的な紫外線吸収剤を使わない日焼止めです。赤ちゃんの乾燥しやすいお肌に潤いを保つ植物性保湿成分を配合。塗りやすいリキッド(液体)タイプなのでお肌によく伸びて、白残りしません。プールや海などでの水遊びに最適のウォータープルーフタイプの日焼け止めです。
>>詳細はこちら


日焼け止め 赤ちゃん・ベビー用

赤ちゃんの紫外線対策に。赤ちゃんの肌を配慮した低刺激な日焼け止めです。(SPF17 PA++)汗や水に強いのに石けんやボディーソープで落とせ、さらに、のびがよく塗りやすい、肌にやさしいやわらかクリームです。毎日のお散歩用にもどうぞ。
>>詳細はこちら

>>サンカットベビー SPF17


日焼け止め 赤ちゃん・ベビー用

ママ達の声に応えて日焼け止めベビーシリーズが誕生!デリケートな赤ちゃんのお肌に安心のシリーズです。のばしやすくべとつかないゲルタイプの日焼け止め。敏感な赤ちゃんの肌を紫外線と乾燥から守ります。
>>詳細はこちら

UVベビーゲル


日焼け止め 赤ちゃん・ベビー用

紫外線吸収剤を使わない赤ちゃんのお肌にやさしい全身用日焼け止め。ウォータープルーフタイプで、汗や水にも強く、付け直す必要は不用です。天然うるおい成分を配合しているので、赤ちゃんだけでなく、お母さんのお化粧下地にもぴったり。肌にスーッとのびて白くならず、ベタつきも気になりません。
>>詳細はこちら

>>マーガレット・ジョセフィン/ベビー タッチ ミルクエッセンスUV


ノンケミカル ベビー用日焼け止め

カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーン

カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーン


紫外線吸収剤を含まない、お肌に優しいノンケミカルタイプのベビー用日焼け止めです。

特別価格:1,134円(税込)40%OFF
(メーカー希望小売価格1,890円)


べたつきのないさらさら感触のノンオイリータイプです。伸びがよく白くならない低刺激性乳液タイプの日焼け止めです。シルク成分配合(保湿成分)ももの葉エキス配合(保湿成分)

>>カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーンの詳細はこちら






| 赤ちゃんベビー用日焼け止め | 子供用日焼け止め | 日焼け止めスプレー | 日焼け止めウォーター | アネッサベビーケアサンスクリーン | アクアディフェンス | エポカルUVプロテクト | ベアミネラル |


カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーン ノンケミカルタイプの赤ちゃん・ベビー用日焼け止め

カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーン

紫外線吸収剤を含まない、お肌に優しいノンケミカルタイプ。べたつきのないさらさら感触のノンオイリータイプです。伸びがよく白くならない低刺激性乳液タイプの日焼け止めです。シルク成分配合(保湿成分)ももの葉エキス配合(保湿成分)

特別価格:1,134円(税込)40%OFF
定価1,890円

>>詳細はこちら

カネボウ・ココンマルクベビーサンスクリーン






| 赤ちゃんベビー用日焼け止め | 子供用日焼け止め | 日焼け止めスプレー | 日焼け止めウォーター | アネッサベビーケアサンスクリーン | アクアディフェンス | エポカルUVプロテクト | ベアミネラル |


低刺激、無添加のベビー子供用日焼け止め「アネッサベビーケアサンスクリーン」

子ども用日焼け止め乳液資生堂アネッサベビーケアサンスクリーン25mL

ベビーや子供の肌を紫外線から守る肌に優しい日焼け止めです。透明でベタつかず、肌になめらかにのびます。低刺激、紫外線吸収剤フリー、無香料、無着色の無添加日焼け止めです。

販売価格:1,071円(税込)

アネッサベビーケアサンスクリーンの詳細はこちら

アネッサベビーケアサンスクリーン



| 赤ちゃんベビー用日焼け止め | 子供用日焼け止め | 日焼け止めスプレー | 日焼け止めウォーター |


かんたん日焼け止めスプレーです。

サンスクリーンスプレー ココス♪サラサラしてお手軽簡単UVケア!9th

サラサラしてお手軽簡単にUVケアができます。べとつかず、クレンジングの必要がない日焼け止めです。

販売価格:3,148円

サンスクリーンスプレー ココスの詳細はこちら

サンスクリーンスプレー ココス


SPFウォーター(日焼け止めスプレー)

洋服の上からスプレーできる、簡単日焼け止めスプレーです。

販売価格:3,990円

SPFウォーター(日焼け止めスプレー)

SPFウォーター(日焼け止めスプレー)


| 赤ちゃんベビー用日焼け止め | 子供用日焼け止め | 日焼け止めスプレー | 日焼け止めウォーター |
posted by ナイオン | 日焼け止め スプレー


子供日焼け止めです。肌に優しいから子供安心な日焼け止めです。

日焼け止め 子供用

食用成分をベースにした、子供にも安心な日焼け止め UVカット プロテクト
有害な紫外線から、子供達を守ります。(顔・からだ用 SPF25 PA++)蚊をよせつけないダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
>>UVカット プロテクトの詳細はこちら

UVカット プロテクト


【サンプロテクトCE】【快適生活】

より安全により安心できる成分で、子供のお肌をガード!子供にも安心の日焼け止めです。
>>サンプロテクトCEの詳細はこちら

サンプロテクトCE


【エポカルUVプロテクト】【快適生活】日焼け止め 子供用

日焼け止めと蚊をよせつけにくくする塗りやすいスティックタイプ。ダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
>>エポカルUVプロテクトの詳細はこちら

エポカルUVプロテクト


育児ママやパパならよくご存知の「母子健康手帳」。実は、1998年に、その手帳から「日光浴」の必要性に関する記述が消えたのをご存知でしょうか。

以前は、赤ちゃんの健康のために日光浴が必要であると考えられていました。しかし、オゾン層の減少など環境の変化から、紫外線の問題のほうが深刻であるため、直射日光に当てるのではなく、外気浴のみで十分であるという考え方に変わってきているそうです。

紫外線による障害は年齢を重ねるとともに現れるそうです。したがって、紫外線対策はできるだけ幼いうちから始めておいたほうがいいといわれています。特に子供のほうが紫外線に対する感受性が強いため、大人より積極的に日焼け止めを行ったほうがよいそうです。

日本人よりも皮膚がんの発生率が高いオーストラリアやアメリカでは、積極的に日焼け止めをしようという意識が国民に広まっています。

多くのオーストラリアの学校では、子供たちに後頭部のつばが長く伸びた帽子をかぶるように指導しています。子供に、外に出るときには日焼け止めを塗らせるように教育しています。また、「ノーハット・ノープレイ(No Hat No Play)」を徹底し、帽子をかぶっていない子供が校庭で遊ぶことを禁じている所も多いのです。

子供たちのためにも、小さいころからの紫外線対策・日焼け止めにケアしたいものです。

そして、特に気をつけることとしては…

*午前10時から午後2時までの太陽光線の強い時間帯を避ける。

*日焼け止めやUVカットをしっかりとからだに塗る。

*2時間ごとに日焼け止めを塗りなおす。水や汗などで日焼け止めが落ちてしまったら、そのつど日焼け止めを塗りなおす。

*日光浴の時間は一日当たりトータルで3時間を超えない。

*日焼け直後は肌が乾燥した状態なので、化粧水や乳液などで保湿を行う。

*赤みを感じる時は冷やしタオルなどでほてりを抑え、消炎ローション(カーマインローションなど)を塗る。



ヒリピタクール70g

日焼けによる痛み・ほてり、炎症を鎮め、 「グリチルレチン酸」が、消炎作用で患部の炎症を鎮め、治療を促進します。たれにくい泡状のエアゾール剤だから、背中など塗りにくい患部にも直接噴射できます。
販売価格:975円(税込)
>>ヒリピタクール70gの詳細はこちら

ヒリピタクール70g



赤ちゃんベビー用日焼け止め  日焼け止めスプレー  日焼け止めウォーター
posted by ナイオン | 日焼け止め 子供用


日焼けのし過ぎに注意!日焼けによる痛みほてり、炎症を鎮めます。

ヒリピタクール70g

抗炎症剤「ブフェキサマク」が日焼けによる痛みほてり、炎症を鎮めます。「グリチルレチン酸」が、消炎作用で患部の炎症を鎮め、治療を促進します。たれにくい泡状のエアゾール剤だから、背中など塗りにくい患部にも直接噴射できます。
販売価格:975円(税込)

>>ヒリピタクール70gの詳細はこちら

ヒリピタクール70g


育児ママやパパならよくご存知の「母子健康手帳」。実は、1998年に、その手帳から「日光浴」の必要性に関する記述が消えたのをご存知でしょうか。

以前は、赤ちゃんの健康のために日光浴が必要であると考えられていました。しかし、オゾン層の減少など環境の変化から、紫外線の問題のほうが深刻であるため、直射日光に当てるのではなく、外気浴のみで十分であるという考え方に変わってきているそうです。

紫外線による障害は年齢を重ねるとともに現れるそうです。したがって、紫外線対策はできるだけ幼いうちから始めておいたほうがいいといわれています。特に子供のほうが紫外線に対する感受性が強いため、大人より積極的に日焼け止めを行ったほうがよいそうです。

日本人よりも皮膚がんの発生率が高いオーストラリアやアメリカでは、積極的に日焼け止めをしようという意識が国民に広まっています。

多くのオーストラリアの学校では、後頭部のつばが長く伸びた帽子を使うように指導。子供に外に出るときには日焼け止めを塗らせるように教育しています。また、「ノーハット・ノープレイ(No Hat No Play)」を徹底し、帽子をかぶっていない子供が校庭で遊ぶことを禁じている所も多いとか。

子供たちのためにも、小さいころからの紫外線対策・日焼け止めにケアしたいものです。

そして、特に気をつけることとしては…

*午前10時から午後2時までの太陽光線の強い時間帯を避ける。

*日焼け止めUVカットをしっかりとからだに塗る。

*2時間ごとに日焼け止めを塗りなおす。水や汗などで日焼け止めが落ちてしまったら、そのつど日焼け止めを塗りなおす。

*日光浴の時間は一日当たりトータルで3時間を超えない。

*日焼け直後は肌が乾燥した状態なので、化粧水や乳液などで保湿を行う。

*赤みを感じる時は冷やしタオルなどでほてりを抑え、消炎ローション(カーマインローションなど)を塗る。




食用成分をベースにした、子供にも安心な日焼け止め UVカット プロテクト
有害な紫外線から、子供達を守ろう!
内容量: 9.5g  顔・からだ用 SPF25 PA++
お子さまが部分的に使用して 約1〜2ヶ月分)
(約8〜10時間日焼けを防ぐことができます。)  
※汗をかいたり、水遊びをした場合には塗り直してください。
●蚊をよせつけないダブル機能で子供の肌をやさしくガード皮膚科医と共同開発。
●食用成分をベースにした、子供にも安心な日焼け止めです。 もちろん、大人も使えます。
●本製品はシトロネラールの成分により、レモングラスのようなの香りがします。香料は使用しておりません。)
>>詳細はこちら

UVカット プロテクト


【サンプロテクトCE】【快適生活】

より安全により安心できる成分で、子供のお肌をガード!子供にも安心の日焼け止めです。
>>詳細はこちら

サンプロテクトCE


【エポカルUVプロテクト】【快適生活】日焼け止め 子供用

日焼け止めと蚊をよせつけにくくする塗りやすいスティックタイプ。ダブル機能で子供の肌をやさしくガードします。
>>詳細はこちら

エポカルUVプロテクト



赤ちゃんベビー用日焼け止め
posted by ナイオン | 日焼け後 消炎ローション


日焼け後の肌のほてり、痛みを鎮める消炎アイススプレーです。

ヒリピタクール日焼け後/消炎スプレー

日焼け後の肌のほてり、痛みを鎮める消炎アイススプレーです。抗炎症剤「ブフェキサマク」が、日焼けによるほてり・いたみ、炎症を鎮め、「グリチルレチン酸」が、消炎作用で患部の炎症を鎮め、治癒を促進します。背中など塗りにくい患部にも直接噴射できる泡状のエアゾール剤です。日焼けによるほてり・いたみ・かゆみの他しっしん、かぶれ、ただれやおむつかぶれ、あせもなどにもお使いください。
>>詳細はこちら

>>スプレー消炎 ヒリピタクール


日焼け現象には2種類あります。紫外線にあたった直後には変化はなく、2〜6時間後に皮が赤くなり、痛みは6〜48時間の後に最もひどくなります(サンバーン、sunburn)。

そして24〜72時間の間、色素沈着が進行していきます(サンタン、suntan)。

そして日焼けが起こった3〜8日後に、皮膚が取れ始めます。

日焼けは熱傷深度T〜U度の火傷(やけど)です。日焼けの場所により、かゆみや皮膚が浮いたり、水ぶくれ、発疹といった症状を引き起こします。その他全身症状として吐き気や発熱といった症状になることもあります。

一般に日焼けした面積が広いので、極端な日焼けでは、衰弱などで入院をする場合もあります。

日焼け直後は肌が乾燥した状態なので、化粧水や乳液などで保湿を行うとよいでしょう。そして、これが皮膚を美しく焼く最大のポイントでもあります。赤みを感じる時は冷やしタオルなどでほてりを抑え、消炎ローション(カーマインローションなど)などを塗りましょう。


資生堂 資生堂 カーマインローション(N) 260ml日焼け後/消炎スプレー

肌をすこやかにととのえる、おだやかな収れん化粧水です。ふだんのお手入れや、肌がほてるときなど消炎ローションとしてもおすすめします。メーカー希望小売価格: 350円 (税込368円)
>>詳細はこちら

>>消炎 カーマインローション
posted by ナイオン | 日焼け後 消炎ローション


赤ちゃんでも使える日焼け止めです。赤ちゃん日焼け止めもこれでばっちり!

ポイント最大3倍!ベビー&子供の肌に負担をかけない低刺激設計!20%OFF資生堂 アネッサベビー...日焼け止め/赤ちゃん

赤ちゃんの肌に負担をかけない低刺激設計の日焼け止めです。20%OFF! 販売価格:960円
>>詳細はこちら

資生堂 アネッサ
ベビーケアサンスクリーン



やさしい&紫外線吸収剤無添加。赤ちゃん、敏感肌も使えるメンソレータムサンプレイ ベビーミルク日焼け止め/赤ちゃん

お肌にやさしく、紫外線吸収剤無添加の日焼け止め「メンソレータムサンプレイ ベビーミルク」です。赤ちゃんや敏感肌の方でもご使用いただけます。(SPF 30)
>>詳細はこちら

メンソレータムサンプレイ ベビーミルク


日焼け止め 赤ちゃん・ベビー用日焼け止め

ママ達の声に応えてベビーシリーズが誕生しました。デリケートな赤ちゃんのお肌に安心な日焼け止めシリーズです。のばしやすくべとつかないゲルタイプの日焼け止め。敏感な肌を日焼けと紫外線から守ります。
詳細はこちら

UVベビーゲル




日焼け止め プチ情報

育児ママやパパならよくご存知の「母子健康手帳」。実は、1998年に、その手帳から「日光浴」の必要性に関する記述が消えたのをご存知でしょうか。

以前は、赤ちゃんの健康のために日光浴が必要であると考えられていました。しかし、オゾン層の減少など環境の変化から、紫外線の問題のほうが深刻であるため、直射日光に当てるのではなく、外気浴のみで十分であるという考え方に変わってきているそうです。

紫外線による障害は年齢を重ねるとともに現れるそうです。したがって、紫外線対策はできるだけ幼いうちから始めておいたほうがいいといわれています。特に子どものほうが紫外線に対する感受性が強いため、大人より積極的に行ったほうがよいそうです。

赤ちゃんのころは紫外線の影響を受けていないためメラニン色素が少なく、強い日光を浴びるとすぐに火ぶくれや熱をひき起こしてしまいます。また、新陳代謝が活発なため、傷つけられたDNAを含む細胞分裂も盛んに行われ、中高年になってから皮膚がんを発症する確率も高くなるともいわれています。

日本人よりも皮膚がんの発生率が高いオーストラリアやアメリカでは、積極的に日焼けを予防しようという意識が国民に広まっています。

多くのオーストラリアの学校では、後頭部のつばが長く伸びた帽子を使うように指導。親は外に出るときには日焼け止めを塗らせるように教育しているそうです。また、「ノーハット・ノープレイ(No Hat No Play)」を徹底し、帽子をかぶっていない子どもが校庭で遊ぶことを禁じている所も多いとか。

赤ちゃんやキッズのためにも、小さいころからの紫外線対策日焼け止めにケアしたいものです。


赤ちゃんベビー用日焼け止め   子供用日焼け止め
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。